企業が健全なカルチャーを確立するためのアプローチは、株主からの期待の変化や、ダイバーシティ、エクイティ(公平性)、インクルージョン、企業の社会的責任やその他の価値創造の源泉の重要性に対する注目が高まるにつれて、進化してきました。人々が職場のカルチャーに新たな関心を寄せているため、それが企業にとっては、自社の慣行を刷新し、評判を維持し、長期的な成功をもたらす健全なカルチャーを構築する機会となっています。

企業カルチャーへの積極的なアプローチ

カルチャーとは、企業が日々取り組まなくてはならないものです。変化が必要なときだけカルチャーに目を向け、手っ取り早く解決しようとする反応型のアプローチでは、必要な変革を実現することはできません。リーダーは、組織のカルチャーをリードするには長期的なコミットメントが必要であり、結果に対する最終的責任は自らにあることを理解しつつ、望ましいと思う変化を日々実践しなくてはなりません。

カルチャー変革はトップからスタート

変革に必要なことは、こうあるべきと支持されている価値観と、あらゆるレベルの従業員の実際の経験や信念との間に、どの程度の整合性があるかを深く理解することです。また、カルチャー変革を定着させるためには、そのポジティブな要素を称賛し、問題点を深く掘り下げるという、リーダーの意思が行動が必要です。

強固なカルチャーを人材面での強みとして活用

情報の透明性とアクセスの容易さが高まった現在、求職者や従業員は、会社が何を行っているのかのみならず、どのように行っているのかについても、かつてないほど知りたいと思うようになっています。強く包摂的で透明性のあるカルチャーは、従業員が働きたいと思う会社の証です。

自社のカルチャーをデータに基づくアプローチで理解

カルチャー変革は、その組織が自社のカルチャーに関する優れたデータを持っているかどうかに依存します。エンゲージメント調査は、カルチャー調査の代用としてよく使用されますが、組織のカルチャーがどのように認識されているかを正確に描写できるほど詳細で深いレベルのデータを提供することはできません。当社は、信念や行動を戦略に直結させることによってカルチャーを活用し、シニアリーダーから新入社員まで、また事業部、地域、サブカルチャーなどを横断して組織のすべての人を包含し、持続可能な競争優位性を生み出せるよう支援します。

Speak to a consultant
rra-image-asset-350.jpg

Partners in Possibility

Get in touch to discover how we can help bring the future into focus - for you, your people, and your business.